1/5

手織り博多織

  古賀 陽子

9月

残暑の厳しい今年。

庭の草木や花が、カラカラです。

暑さに耐えられずに枯れてしまった木もあり

9月の庭は、元気がなくて荒れています。

 

そんな中、元気に咲くのはサルスベリ。

毎日のように

明るいピンクの花を咲かせています。

夏野菜・・・そろそろ終わりです。

ニガゴリ、ピーマン、万願寺シシトウが

今年はよくできました♪

<9月の作業>

新しい帯の準備です。

染め終わった糸で、整経、糸繰、管巻き作業と

​細かい作業が続きます。

9月の庭

毎年6月に開催している

女性伝統工芸士展が延期となりました

博多織伝統工芸士 

古賀 陽子

福岡在住

2007年より博多織を学び

2009年博多織手機技能修士の認定を受け独り立ち

2011年「二人の博多織 結の音」作品展

    第46回西部伝統工芸展入選

    第55回新作博多織展 経済産業大臣賞・博多織工業組合理事長賞

2012年「二人の博多織 結の音」作品展

    第56回新作博多織展 経済産業大臣賞

    第47回西部伝統工芸展入選

2013年  第48回西部伝統工芸展入選、「博多手織り福福」作品展

2014年  第18回女性伝統工芸士展

2015年  第19回女性伝統工芸士展(​以降、毎年参加)

現在、自宅の小さな工房で帯をメインに制作、活動中。

ニガゴリ

夏は毎日、ニガゴリ料理 ビタミンCが夏に嬉しい