1/5

手織り博多織

  古賀 陽子

2021年7月

朝から蝉の声が響くようになり

梅雨明けはまだでも、気分はもう夏。

大好きなヤブカンゾウが次々開花。

憂いを忘れてしまうほど美しい・・・で

忘れ草。

大好きな花です。

そのお隣には、姫檜扇水仙。

蝋燭の炎のような色がきれいです。

夏の花、カンナも咲き始めて

これから暑さも更に増していきます。

楽しい夏となりますように。

さて、織。

思うように進みませんけれど

新しい帯に入りたいところ。

今月の目標・・・帯を一本織り上げます。

全国で活躍する女性伝統工芸士と

女性工芸作家の活動と作品展

7月の庭

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

日本の伝統工芸を伝え、その魅力を発信しようと始まったネット販売。
手織の帯地の風合いや心地よさ、しっかりと織り上げた帯の張り。
大好きな帯地を使ってもらいたいと、帯地の小物もご紹介。

博多織伝統工芸士 古賀 陽子

福岡在住

2007年より博多織を学び

2009年博多織手機技能修士の認定を受け独り立ち

2011年「二人の博多織 結の音」作品展

    第46回西部伝統工芸展入選

    第55回新作博多織展 経済産業大臣賞・博多織工業組合理事長賞

2012年「二人の博多織 結の音」作品展

    第56回新作博多織展 経済産業大臣賞

    第47回西部伝統工芸展入選

2013年  第48回西部伝統工芸展入選、「博多手織り福福」作品展

2014年  第18回女性伝統工芸士展

2015年  第19回女性伝統工芸士展(​以降、毎年参加)

現在、自宅の小さな工房で帯をメインに制作、活動中。

©