top of page
1/6

手織り博多織

  古賀 陽子

2023年1月

2023年(令和5年)

冬のアヤメ、寒咲きアヤメが次々開花。

花言葉は「良き便り」

年中咲いている古いバラは

寒い冬でも

蕾をつけては花開いています。

​庭野菜の大根や蕪も小さいながら大活躍。

花の少ない冬の庭。

それでも、あっちこっちで春の芽が♪

花の咲く季節も楽しいけれど

​冬の庭も良いものです。

 

 

<織の作業とお知らせ>

二丁総浮けの新しい帯を二本。

今年から織り始めます。

1月の庭

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

​日本の伝統工芸を伝え、その魅力を発信しようと始まったネットでの販売(小物)に参加。
たくさんは作れませんけれど、手織りの風合いや心地よさ、しっかりと織り上げた帯地の小物をご紹介


全国で活躍する女性伝統工芸士と
女性工芸作家の活動と作品をご紹介

P1060558.jpg

博多織伝統工芸士 古賀 陽子

福岡市在住

博多織DC(学長・小川 規三郎先生)のもと

尊敬する伝統工芸士の先生に手織りを学び独り立ち。

2020年、経済産業大臣指定伝統的工芸品

博多織伝統工芸士 認定

 

自宅の部屋を改装しただけの作業場

「廻り梅工房」で、帯を中心に制作。

日々コツコツと、自分の織り機と共に励んでいます。

「廻り梅(まわりうめ)」

母方の女紋で、曾祖母や祖母の強さと優しさ

その凛々しさに憧れ工房名に。

 

主な活動、女性伝統工芸士展、公募展

作品展、グループ展など

​ブログ:春夏秋冬コツコツ手織り

  • Instagram
bottom of page