1/5

手織り博多織

  古賀 陽子

12月

12月の庭

冬の赤い実

ピラカンサスの実が今年もたわわ。

千両や万両、南天の実も日々赤く。

切り花にと育てている秋の菊が終われば

紅白の山茶花だけが咲く冬の庭。

今年もあとひと月。

​最後の作業は、新しい帯の準備まで。

古賀 陽子 博多織手機技能修士

福岡在住

2007年より博多織を学び

2009年博多織手機技能修士の認定を受け独り立ち

2011年「二人の博多織 結の音」作品展

    第46回西部伝統工芸展入選

    第55回新作博多織展 経済産業大臣賞・博多織工業組合理事長賞

2012年「二人の博多織 結の音」作品展

    第56回新作博多織展 経済産業大臣賞

    第47回西部伝統工芸展入選

2013年  第48回西部伝統工芸展入選、「博多手織り福福」作品展

2014年  第18回女性伝統工芸士展

2015年  第19回女性伝統工芸士展(​以降、毎年参加)

現在、自宅の小さな工房で帯をメインに制作、活動中。

つわぶきの花

庭のあっちこっちで咲いています シンプルが一番いい